忍者ブログ

[PR]

2018年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年の瀬にする話じゃないけど

2011年12月28日
こんな年の瀬にする話じゃなくって
本当だったら夏の夜にするような話です。

えぇ、ちょっと怖い話です。

実は、自分ちょっと霊感持ちでして。
時々、普通に幽霊さんが見えたりします。

ただ、得なのか損なのか
「みよう!」って思ってるときは見えないんです。

で、先日の話なんですが

クリスマスの日。
お友達の女性に何となく電話しました。
「元気?忘年会する?」

「うん、うん。そんでな~・・・」
二言、三言 話しているとなにやら赤ちゃんの声が聞こえます。

(キャキャ  ウー ブー)

「○○さんって 今、家?娘来てるの?」

「いや~?いま仕事場で休憩中」

「ハウスキーパー?ベビーシッターとか?」

「なんでやねん。そんなん出来るわけ無いやん(笑)・・・なんで?」

「赤ちゃんの声がするねん、この電話。混信かなぁ・・・。」
(この時点で、「あ、またやっちゃったよ・・・。」)

「今日、私の生まれて間なしで亡くなった娘の命日なんやけど
ほら、夏にあんたが家に来て、この部屋やばいって話の・・・。あの位牌の。」

「あ~。」

夏のある日、突然何か感じた自分はその友人の家に行き、
二階の閉めきられた「ある部屋」に、友人が亡くした女の子の位牌を
(ま~いろいろな経緯で)その部屋に閉じ込めていたのを解放し
その上で、アドバイスをして その位牌の子が安らかに眠れるようにしたことがありました。

(お礼かな? そんなの、いいのに・・・。)

案の定、夕方 仕事から帰ってきた嫁にその話をしたら
「また?」
って言われました。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: