忍者ブログ

[PR]

2018年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オリンパス問題 ~企業倫理無き 亡国日本を嘆く~

2011年11月14日
今日のブログはタイトル通り 内容が重いです。


最近ニュースに上がるオリンパス問題 

いったい何がどうなの?ってことですが

わかりやすく書くと

オリンパス社
売上-連結9,808億 従業員数-連結36,503人

・2007年
ジャイラス(英医療機器メーカー)売上500億円

ここを2000億円で買収
 その際「AXES」と「AXAM」という英ケイマン諸島の2社に
 アドバイザリー報酬として700億円支払う
 その直ぐ後 「AXAM」は 3ヶ月後に消滅(登記抹消)

・2008年
  アルティス(資源リサイクル)売上2億
  ヒューマラボ(化粧品・健康食品販売)売上9億円
  ニューズシェフ(電子レンジ調理容器製造)売上6億円
   (なんと3社とも同一住所)
   ↑
 こんな小さな会社を 計734億円も使って 買収

このとき井坂公認会計事務所(井坂公認会計士)が
第三者機関として買収額を公正と判断


・2011年
 4月 マイケル・ウッドフォード、グループ会社社長がオリンパス社長に就任
 7月 社長、雑誌月刊FACTAの告発記事を見て初めて上記2つの事実を知り、
 不振に思い独自にPwC(4大監査)に調査を依頼する

 10月 多くの問題点が報告されたため
 ウッドフォード社長は菊川会長及び副社長に書簡で引責辞任を促すも
 その三日後、解任される

 10月14日の社長解任で数々の問題が明るみになり
 14日→21日で株価は2482円→1200円台に
 マイケル・ウッドフォード元社長「身の安全に不安を感じる、警察に保護を求める」
 ブルームバーク 「エンロンとワールドコム超えた」 と発表

・ありえない点

イギリスの医療機器メーカー「ジャイラス」を買った時の
コンサルへのアドバイス料が700億円!

ふつう1%程度のところを30%超!

しかも相手は謎のペーパー会社で3ヶ月後に消滅 
 
これを 「普通やん」 なんて言わないでね。会長さん。

非公開の零細企業3社を総額700億円以上で買収!
売上は足しても20億程度の会社を買収するのに700億以上も使う。

オリンパスと、さきの公認会計士の言い分では
「3年くらいで数十倍に成長すると思った」だそうですが 有り得ない。
実際は成長どころか数十億の赤字を垂れ流し
しかも3社とも カメラともレンズとも なにも関係ない会社。

30年前から英オリンパスで働いてきて
初の英国人として社長に抜擢されたウッドフォード社長

社長なのに 計1500億の資金用途について、まったく聞かされてなかった。
たまたま読んだFACTAとかいう雑誌に会社のこと書いてて初めて知った。

まさに寝耳に水

世界4大監査のプライスウォーターって所に個人的に調査を依頼

結果は  「問題有り過ぎです。」

「よし!会長とか副社長にはやめてもらい、私が会社立て直す!!」
って意気込んで
「これど~ゆうことですか!
英ケイマン諸島とかいう訳分からん場所にあるペーパー会社に700億払うとか
あやしい健康食品売っとるゴミ会社を700億で買ったり!
あり得ないでしょ!
責任とってやめてください!」

と上告したとたん 逆に解雇された。

オリンパス取締役会満場一致 しかも反対なし わずか半年で解任

このときの菊川会長いわく 「企業文化が違った」

30年間ずっとオリンパスで働いてきた生え抜きのエリートなのに。

ウッドフォード元社長
「凄い闇を感じる、なにかとてつもない闇を。身の危険があるから警察に保護してもらう」
と発言。

それは発端で日本の第三者委員会が事情聴取したら
菊川会長らの悪巧みが全部、明るみに出て 株は大暴落 一部上場取り消しも。


さすがに経営陣やヤクザが個人横領するレベルの額ではなく
経営や会計自体の不正なんだろうけど、
これらの損失は一応計上してるんだよね?

いいえ、それはケフィアです(笑)

英社ジャイラスの売上規模は500億円前後、総資産は1000億円※(実質400億円)
    ↓
1.ジャイラスを2700億円で買収「のれん代1000億円」。

2.ジャイラスの総資産1千億円の内に「のれん代600億円」が含まれており、
  実質資産400億円の会社。

3.ジャイラス買収2700億円の内6億ドル(当時700億円)をケイマン諸島の架空企業に支払い。

オリンパスが抱えた、ジャイラス買収で「のれん代」1000億円+600億円を資産として計上、
  しかし・・・

    ↓

4.オリンパスの純資産1664億円=財務諸表に資産計上
     「のれん代」1600億円は費用償却が必要。
     オリンパスの1株純資産613円(内 のれん代589円)
   
    ↓

5.オリンパスの1株純資産613円 ← このうち「のれん代」589円が資産となっている。
  本当の資産  一株 24円

バブル前から 粉飾長年続けてた
  ↓
続けすぎて帳簿上は1000億ありますよーって、なってる。(実際は無い)
  金額的にも時期的にも バレそう
  ↓
そうだ!どこかの企業の評価額を1000億って見積もって
  その金額で買収したことにしよう!(実際は払ってない)
  ↓
買収先企業の資産額と買収に掛かった総額の差額1000億円をのれん代減損処理
  ↓
帳簿上あった1000億円(実際は存在すらしてないお金)がなかったことに

という、
会社ぐるみで
「日本国家」と「株主を含めた全ての日本人」を
欺してきたんです。


もっともっとわかりやすく書くと

「大きな日本企業の、腐った闇に

新規就任した外国人社長が斬り込んだ所

あっという間に返り討ちにされたけど

断末魔の叫びを世界に発信したら

会社の悪事が全部ばれちゃった」


な話。

企業倫理なんかあったもんじゃない。

つづく

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: